Blog

1ミリのこだわり

2016-07-21

こんばんはマロンです

豊田は何もないね。


これが決まり文句だったりします、、、
しかしそんな豊田にも
いろいろなイベントがあるわけですが


豊田市美術館では



ジブリ展開催中!

立体建造物。
人が住む家を建てる。
長い年月そこに人がいる。


よくよく考えるとなかなかすごいことです



ジブリの中では
数々の建物がでてきますが
そんな建物たちが
ミニチュアとなって飾られているのが
ジブリ展


細部まで細かく再現され
とても人間の手で作られたものとは思えない。



それはまるで
そこにその世界があるかのよう。



細かい作業が好きで
ジオラマなんかが好きな私には
たまらない世界!!!





美容のなかでも
細部にこだわる場面は数々でてきます。


少しの違いが
その人を大きくかえる



ハイライトを入れる位置。
パーマの巻き収まり。
少しの色の変化。


人それぞれ骨格、肌色は変わり
好みは異なる。


会話の中からその人の
好みを読み取り、好きを聞き出し
嫌いを理解する。



好きも嫌いもあって当たり前だからこそ
美容の世界では
好きでいっぱいにしてあげることが
その人の笑顔につながっていく。



だからこそ
たくさん会話をして
お客様のことをたくさんわかってあげられる人になりたい



 

上村 朱音

夏バテ、夏イベ!

2016-07-21

こんばんはマロンです!

最近はお客様と、
暑いねーなんて恒例の会話です!


夏といえば
冷たいものは欠かせません。

アイスクリーム、かき氷
冷たいものばかり食べたくなりますが、
そんなことをしていると
夏バテしちゃいます!!



そんな時こそしっかりご飯。



夏は食欲がなくなりがちですが
しっかり食べて
夏を満喫してください‼︎‼︎





そして、、海!川!プール!!!


夏のイベントといえばですね!






夏は明るいカラーがやはり定番!
私は暖色推しなので
オレンジや、ピンクで明るくするのが
定番となっています!!
少し幼く見えたりもしますが
肌の色が明るく見えるのがポイントとなり
ずっと暖色を極めていますっ


しかし世間一般はアッシュが人気‼︎‼︎

ガツンとブリーチした髪に
ガッツリと濃いアッシュをいれても
夏満喫感がでで可愛いですね♪


同期をカラーすることを多いのですが
グレーアッシュにしたがる彼女。

全体に細かくハイライトをいれて
ダメージを抑えながら
でも柔らかさを出すのもオススメです!


夏は透け透け柔らかカラーで
髪をなびかせちゃいましょう!

 

上村 朱音

2016-07-21

こんにちは、おざわです

すっかり夏ですね

蝉の鳴き声、入道雲、照りの強い太陽
あつくてバテてしまいそうですが
いろんなことを感じながら歩いていると
今年の夏は、どんな思い出ができるのかと
楽しみになります。

ヘアスタイルや、髪色も思い出の一つとして
残ってくれるとそんな素敵なことはないなと
思いながら仕事をしています。

夏のオススメのカラーは、涼しげなアッシュです。

特に今年は、服のトレンドがシンプルゆえに
髪の色もアクセサリーのように楽しんで
いただきたいです。
くすんでるけど、ツヤがありやわらかく
みえるカラーが上品でおすすめです。

そんな中にハイライトを入れるのも
ステキですね。ハイライトをいれることにより
ストレートの時にも動きがあり楽しいですし
巻くともっと、アレンジしてももっと映えてよいです。

少しまえ、私もマロンにカラーしてもらって
いれてもらいました。





前に出した毛にもしっかり入れると
可愛いです。


ぜひ、ステキな髪色にしましょう

maiko

 

小澤 舞子

g.d.c カットアカデミー

2016-07-21

こんばんは!!

SAMです(^o^)

先日、月一回のカットアカデミー「g.d.c」に行ってまいりした!!!

カットの基本を一から学び直しそれをお店のstaffに落とし込む。
それを一年間続けております。

今回のテーマは「グラデーションボブ」

ショートボブ、マッシュボブ、レイヤーボブと様々なボブの原点ともなるグラデーションボブがテーマでした、、、

こんな感じのやつ



このカットを原点とし、様々なボブスタイルができるんです(^o^)

まだまだ続きますが、お店の代表として行かせて頂いてる事を感謝し、staffに技術を落とし込んでいきます!!

それで、今回の一回目の落とし込み。

アシスタント3年生に向けた「ワンレングス」

これはカットの基本、まっすぐに切るという技術。

二人共、ウイックに向き合い真剣に取り組んでいました!!

彼女達が成長していく姿は頼もしく見えますね(^o^)



彼女達がスタイリストになる日までみっちり教えていきます!!
彼女達に応援よろしくお願いします(^o^)

 

メイクのプロ

2016-07-19

こんにちはマロンです


梅雨が明けまして、
ジリジリと日差しが暑いです!




そんな中、
月曜日にはメイクの講習を受けてきました。

earlyでは
撮影を初め、いろいろなところで
メイクもやっています

女性スタッフは
shu uemuraのコースを出てディプロマ取得後
各自メイクの練習もやるのですが
そこから先は経験だったり自己流だったりします。


意外とメイクをやる人は
そうやって学んでいくみたいなのですが
あたしは自己流は苦手かもしれません、、

基礎はしっかり学びたいタイプというか
それがないと応用ができないタイプです。



今回は1人で参加の講習
1人は初めてなので
なんか違う意味でドキドキでした





今回参加したのは
gemの森川丈二さんという方の講習。


まずは参加している人それぞれの
メイクの仕方を見せるという意味で
みんなで実践を!

それをやってから
メイクをする上での基本のレクチャーが
始まりました!










素材を生かすも殺すも
その人次第。


メイクに関しては
重ねれば重ねるほど偽物になっていく。



ナチュラルがいいのに
重ねるべきか、、、


隠したいところを隠すだけで
人の印象は変わる。

いや、それどころか、隠さずとも
薄めるだけでもいいのでは。





持っているものを生かし
少しのスパイスで
その人の最大限を表現する。



クールな人を可愛くしたいから
可愛い色を使って、曲線を作って。



でもやりすぎると
普段とのギャップがありすぎて
その人じゃなくなっちゃうし
違和感しかないんだよな。


色はそのままだけど
いつもと違うシャドーの入れ方をする

変えたのはそこだけだけど
印象はガラッと変わるのかもしれない。







女性を輝かせてくれるメイクは
効率的に使わなきゃ。



髪型や、髪色はすぐにかれるけど
顔は変えられないからこそ


素材を生かしてあげられる人。


メイクで人の心を動かせる人。




森川さんはそんな人なんだろうな。


 

上村 朱音